ビッグデータのリアルタイム配信システム

  システム概要:

(システムの内容は機密事項のため記述できません) ビッグデータをリアルタイムに処理し、ユーザへ配信する事が求められている。 近年では、Many-Core CPU、GPGPUによる並列演算技術を利用してリアルタイム処理を実現した。

新技術の研究開発の側面もあり、プロトタイピングなどにより評価が求められることが多い。 現場では、要求事項をより柔軟に実現するため、アジャイル開発手法を積極的に推進中。

 

  利用技術イメージ: CSAS-zu-001  

技術キーワード:

開発:

<BACKEND> C++、Python、Fortran、HPC(OpenMP,CUDA,PenCL) <FRONTEND> C#.NET、Java、Graphing utility(Gnuplot,Matplotlib)

環境: Linux(RHEL6)、Windows7、OracleDB、NVIDIA GPU、AMD GPU、Intel Many-Core CPU

   

  フェーズ:

プロトタイプ開発、設計、製造、テスト

Comments are closed.