AIシステム構築コンサルティング&開発

 

お客様のAIリテラシーを高めつつ
AI開発プロジェクトを成功させます
 
AI研究所とリンク情報システムがタッグを組み
AIプロジェクトのコンサルティングと
開発の両面をトータルでサポートします
 
 

AIプロジェクトのよくある問題

■課題設定の問題

 ・AIを使う事が目的となっており、費用対効果の薄いPoC(概念実証)を行ってしまう。
 ・全体の業務デザインが出来てない。
 ・そもそもAIが適さない課題設定をしてしまう。

 ・AIを使う事が目的となっており
  費用対効果の薄いPoC(概念実証)を
  行ってしまう
 ・全体の業務デザインが出来てない
 ・そもそもAIが適さない課題設定をしてしまう

 
■人の問題

 ・データサイエンティストのような人材を雇うだけでは解決しない。
 ・経営者のAIへの過剰な期待がある。
 ・デジタルトランスフォーメーション(DX)への姿勢が不足している。

 ・データサイエンティストのような
  人材を雇うだけでは解決しない
 ・経営者のAIへの過剰な期待がある
 ・デジタルトランスフォーメーション(DX)への
  姿勢が不足している

 

 

これらの問題をAI研究所とリンク情報システムが解決します
これらの問題をAI研究所と
リンク情報システムが解決します

 

AI開発プロジェクトを成功させるためには、
お客様のAIリテラシーを高めつつ、システム開発を進める必要があります。
教育とプロジェクト推進のコンサルティングをAI研究所が、
システム開発をリンク情報システムが担うことで、
AIプロジェクトを成功に導きます。

AI開発プロジェクトを成功させるためには、
お客様のAIリテラシーを高めつつ、
システム開発を進める必要があります。
教育とプロジェクト推進のコンサルティングを
AI研究所が、システム開発をリンク情報システム
が担うことでAIプロジェクトを成功に導きます。

 

・AI人材育成カリキュラム、
教育コンテンツの提供
・コンサルティング
・推進ノウハウの提供
 
AI研究所

・AI開発技術の提供
・システム開発

・AI人材育成カリキュラム
 教育コンテンツの提供
・コンサルティング
・推進ノウハウの提供
 
 AI研究所

・AI開発技術の提供
・システム開発

 
 

ゴールまでの流れ

 
 ●ヒアリング
  ・お客様の現状をヒアリングし、
   問題点、理想のゴールを共有します。
 
  ・AI研究所のコンサルタントと
   当社のエンジニアが
   一緒にヒアリングを実施致します。
   
 ●ご提案書の作成
  ・現状の問題点を確認し、
   理想のゴールに向かう為の
   課題を設定致します。
 
  ・課題解決に向けて
   何が必要なのかをご提案致します。
 
  ・一方的なご提案ではなく、
   理想のゴールに向けて
   お客様と一緒に作り上げていく
   ご提案書になります。

 

 
 ●詳細な実施内容の決定
  ・教育内容、コンサルティング内容、
   開発内容等を打ち合わせにて決定します。
 
 ●キックオフ
  ・プロジェクトメンバーが一堂に会し、
   同じ理想に向かってプロジェクトを
   スタート出来るように
   キックオフ打ち合わせを開催します。

 

 
 ●システム構築
  ・開発チームによる
   システム構築・実装・検証を行います。
 
  ・コンサルティングによるディレクションで
   問題があれば対策を実施し、
   適宜軌道修正を行います。
 
  ・システム開発は
   アジャイル開発にて実施致します。
 
 ●ご報告(納品)
  ・構築結果のご報告と納品を実施致します。

 

 
 ●運用状況を確認し支援
  ・お客様の利益を最大化すべく、
   システムを改善していきます。
 
  ・運用状況により課題が見つかれば、
   改善に向けた支援を実施致します。

 

 
 

お客様へのご提案例

■現状
 A社は物流のリーディングカンパニーとして、現在持っている高い技術力にAIやIoTという
 最新技術を融合させることで、今後10年を見据えた製品の向上に取り組むもうとされている。

 
■問題と課題
 問題
  ・自社業務に精通し、AIの全体観を把握し、改善方針案が出せる人材が不足している。
  ・AIを活用するための、プログラミングやツールなどのITスキルを持った人材が不足して
   いる。
 課題
  ・AIで何ができるのか、どのように活用していくのかを正しく理解した上で
   プロジェクトを進め、AI活用の第一歩を踏み出す必要がある。
 
■課題解決の方向性(コンセプト)

 
 AI プロジェクトを一気通貫で実行する仕組みづくり
 

 

■提案概要
 

■現状
 A社は物流のリーディングカンパニーとして、現在持っている高い技術力にAIやIoTという最新技術を融合させることで、今後10年を見据えた製品の向上に取り組むもうとされている。

 
■問題と課題
 問題
  ・自社業務に精通し、AIの全体観を把握し、
   改善方針案が出せる人材が不足している。

  ・AIを活用するための、
   プログラミングやツールなどの
   ITスキルを持った人材が不足している。
 課題
  ・AIで何ができるのか、
   どのように活用していくのかを
   正しく理解した上でプロジェクトを進め、
   AI活用の第一歩を踏み出す必要がある。
 
■課題解決の方向性(コンセプト)

 
 AIプロジェクトを一気通貫で
 実行する仕組みづくり
 

 

■提案概要
 

 
 

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ
 営業部: 03-6629-0050
 受付時間 10:00~18:00 ※土日祝日を除く
 
メールでのお問い合わせ
 担当:営業部
mail_product

 
 
 
 

Comments are closed.